階段のぼりかけ

ただのチャットモンチーファンブログです

CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜 at 日本武道館 2018/07/04 感想その①

という訳で、行ってきました聖地武道館。幸運にも注釈付指定席のチケットを最後の抽選で手に入れることができ、現地で見ることが叶いました。

 

ワタシが九段下に着いたのは16:30ごろ。もう多くの人が集まっている。早速グッズを購入しようと思い、待機列に並びましたが予想よりは空いており、あまり待たずして自分の番が来る。しかし既にTシャツをはじめ、いくつかのグッズは売り切れており、気合いを入れて集まった人の多さを伺わせました。ワタシはちゃんくまリングライト含め数点を購入。

 

このちゃんくまリングライト、光るというのでColdplayのXyloband的なものを想像していたのですが普通に自分でスイッチを押して点滅させる仕組みでした。公演中も結構点滅が見えたので、買った人は多かったのでしょう (ただし光らせるタイミングは自分のセンスが問われたぞ)。

 

あ、そういえばワタシはガチャを4回やって1回もピックが出なかったんですけど、やっぱりレア扱いだったんですかね。当たった人は羨ましいです。

 

タワレコブースや抽選会コーナーにも一通り目を通し、ぼーっとしていると待機列を作るとのアナウンスが。行動が早かったおかげか、かなり先頭の方で並べました。開場すると、記念品の入った袋をもらって一目散に自分の席へ。

 

ま、真後ろ!!!指定席がステージの真後ろじゃないか。注釈付指定席ってこういうことか。ただし、こっち向きのモニターがあり、一応ステージはちゃんと見える。そこは一安心。

 

行った人や映画館などで見ていた人は分かると思いますが、ステージは幕で覆われており、開くまでは中がどうなっているのか分からない演出でした。アリーナの人はどんな気持ちで待っていたのだろう。

 

ちなみに、後ろからはステージが見えていました笑

 

なので、「多分ステージ下から何かがせり上がってくるんだろうな」とだけ考えて、それ以上は考えるのをやめて開演を待っていました。

 

これは余談ですが、影アナが20分ごとに入り、その度にモニターに表示されている文章が変わりました。「I ♡ Chatmonchy」、「We ♡ Chatmonchy」「Every day is your birthday」「Chatmonchy is coming soon...!!」の順です。一応メモ。

 

さて、前振りはこれくらいにしておきましょう。17:30を5分くらい過ぎたところで場内が暗転。ついにライブが始まりました。公式Twitterもつぶやいていたし、まずセットリストを載せておきます。

 

【第一部】
CHATMONCHY MECHA (from Tape)
たったさっきから3000年までの話
the key

 

裸足の街のスター
砂鉄

 

クッキング・ララ (with DJみそしるとMCごはん)

 

惚たる蛍 (Acostic)
染まるよ

 

ヒストリー映像

 

【第二部】
majority blues (with Strings)
ウイークエンドのまぼろし (with Strings)

 

例えば、 (with Strings)

 

東京ハチミツオーケストラ (with 恒岡章&Strings)
さよならGood bye (with 恒岡章)
どなる、でんわ、どしゃぶり (with 恒岡章)
Last Love Letter (with 恒岡章)
真夜中遊園地 (with 恒岡章)

 

ハナノユメ (with 恒岡章&Strings)

 

【アンコール】
シャングリラ (with 恒岡章)
風吹けば恋 (with 恒岡章)

 

サラバ青春

 

びろうど (from Tape)

 

このセットリストは完全にワタシ好みの書き方にしているので、ちゃんと確認したい人は公式Twitterを見に行ってください。でもさすがに曲順を捏造とかはしてないのでご安心を。

 

以下、書きたいことが多すぎるので1曲ずつ書きます。

 

CHATMONCHY MECHA

 

ライブのオープナーはラストアルバムの初曲。これは大方の人が予想していたのではないでしょうか。

 

ただし本人達の演奏はなく、同曲のオケが流れる中ライブはスタート。しかし注釈付指定席、ふたりがどこから現れたのか分からない笑

 

(多分) オケも長いライブバージョンとなっており、たっぷりお客さんに手を振ってからふたりがオンステージ。そしてえっちゃん (橋本絵莉子) が歌いはじめたのはもちろん、”たったさっきから3000年までの話”!

 

たったさっきから3000年までの話

 

ここはアルバム通りの並び。しかしライブで早速聴けるなんて!えっちゃんの声が伸びる伸びる。

 

ラララ♪」や「ウォウ ウォウ」など、歌詞がないサビが話題に上ることの多いこの曲ですが、その覚えやすさゆえに武道館じゅうが大合唱…になったりはしませんでした。そこはちょっと残念。

 

でも客席はどちらかというと「ちゃんと聴く」ムードだったので、これはこういうものだったのでしょう。なのでせめてものと、ちゃんくまリングライトを勢いよく点滅させました。

 

そしてあっこちゃん (福岡晃子) は片手でドラム、片手でキーボードをプレイしている。とても器用。

 

the key

 

えっちゃんがでかいバリトンギターを手にして、”the key”!この曲は大好きなので、もうこの時点で昇天決定でした。照明がよく映える。

ワタシは基本ライブは音楽用耳栓を装備なのですが、今日のこの感じならば不要とここで耳栓を外す。ギターの音が心地よい。

 

コーラス前の「1,2,3,4 1,2,3」をひとりぼそぼそとえっちゃんの歌に合わせる。最高に幸せでした。アウトロのところもちゃんとタイミング合わせられたよ!(何の自慢だ)

 

“the key”が終わると、一旦短いMCタイム。これがほんとにラストライブかというようなノリでちょっと和む。でも中々次を始めなかったのは、何かトラブルがあったのでしょうか。

 

裸足の街のスター

 

えっちゃんがコンガを叩き、あっこちゃんがベースを弾くこの曲、えっちゃんの鳴らす音が意外にも (って言ったら失礼か) 力強くて格好いい。でもアクセントの弱いところは「ぺちぺち」って感じで可愛い。

 

ここもライブアレンジが加えられており、アウトロのソロパートが長めになっていました。同期を使うとはいえ、あくまで人力勝負で挑むという姿勢なのだとワタシは受け取りました。セッション的な雰囲気もあってそれが良かった良かった。

 

砂鉄

 

もうここで演るの?ってくらい早く来た”砂鉄”。でも後に取っておいても演るタイミングが難しいか。

 

ここで初めて黒のシンラインが登場。まさか最初に使うギターがバリトンギターだったなんて、それは考えてすらなかったなあ。

 

インタビューでこの曲の作曲について、「久しぶりに3人時代の時みたいだった」的な発言をしていましたが、アウトロのコーラスも3人時代を彷彿させるアレンジですねとブログに書こう書こうと思ったままだったので今ここに書いておきます。ライブで聴いてもそう思いました。

 

“砂鉄”が終わり、ゲストが登場。当然(?)、DJみそしるとMCごはんさん (以下、おみそさん) です。

 

クッキング・ララ

 

おみそさん、お客さんの扱い方が上手くて頼もしい。チャットのふたりも楽器を離れ、ステージを動き回る。

 

今回のステージ、アンプもドラムセットも固定ではないので折角広く使えるのに、動かない (動けない) のは勿体ないなあと思っていた矢先に、楽しいこの曲ですよ!

 

まあコールアンドレスポンスはやらないとね。クッキングに続けて面白い食べ物を言う大喜利みたいになってましたが、チャットの曲に出てくる食べ物が意図的に選ばれていてリスペクトを感じました。ファン泣かせです。

 

ウォッシング皿も生で聴けて感無量。チャットモンチー ・メカ体制の楽しさが詰まった一幕だったと思います。

 

そして、えっちゃんがアコギを構えているではないか!これは”びろうど”を演るのでは…!?

 

惚たる蛍

 

“びろうど”じゃなかった。けど”惚たる蛍”演るなんてそんなの分かるわけないじゃん!!!生で聴きたいチャットの曲リストがまた1曲埋まってしまった。

 

1サビ抜け後の「私 地と空の間を〜」のコーラスも最高でした。アコースティックだったので、コード感もしっかり聞き取れたのがワタシ的には勉強になりました。あと、えっちゃんがアルペジオを全部ダウンで弾いていてびっくり。チャット独特のフレージングの一端を垣間見た気分です。

 

おそらく初期チャットの代表曲である”惚たる蛍”、過去の武道館でもスペシャル感のある演出をされていました。なので今日ここでまた鳴らされるのはストーリーあるよなあと思います。

 

染まるよ

 

聞いたことのないリフからよく聞いたあの歌い出しが聞こえてきて、悲鳴のような声が上がった”染まるよ”。過去のあらゆる”染まるよ”よりも、最高にパワフルな演奏だったかもしれません。あっこちゃんいいドラム叩くよね。

 

第一部の〆となったこの曲が終わると、幕が一度降りてくる。そういえばワタシこの幕を見たとき、てっきり落とすものだと思ったのでスルスル〜っと上がっていく様を「そっちかーい」って思った見てたことを今思い出しました (超どうでもいい)。

 

そしてモニターに映し出されたのは、2005年の映像。13年前って。すごい映像を出してきたもんだ…

 

そう、ステージ転換の間に2005年-2018年のヒストリー映像が流されたのです。WOWOWで見てた人たちは見れたのだろうか。あとで録画を確認してみようと思います。

 

(恐らく) 初出しの映像もあれば、過去の映像作品で見れる思い出のシーンもあり、転換の間を飽きさせない工夫としては最高のものでしょう。

 

ただ、やはり注釈付指定席からはステージで何が起きているのか見えていました (苦笑)

 

なのでモニターに集中し、必死に見ないふりをする。2017年のライブ映像、リリースしてほしいなあとか思っていました。

 

そんなこんなを考えているうちに、第二部がスタート…したのですが文量が結構なことになってきたので次回に続きます。ここまで読んでくれてどうもありがとう。武道館最高だったよな!!!

 

追記。↓続きです。

ddfl.hatenablog.com