階段のぼりかけ

ただのチャットモンチーファンブログです

ラストアルバムのタイトルは『誕生』 / こなそんフェス2018全出演者・出演日発表  

ラストアルバムとなる7th Albumのタイトルは『誕生』となることが発表されました。最初に公式のリンクを貼っておきましょう。

 

CHATMONCHY | INFORMATION

 

なんと全編打ち込みスタイル。とはいっても前年までの活動を見ている限り驚くことではないでしょう。発売は6/27 (水) というのも地味に初発表ですね。そしてタイトルは漢字二文字!『告白』以降のアルバムが漢字二文字という形式に則って命名されてきたことを考えると*1、今回もそのルールは踏襲されたことになります。

 

トラックリストも公開されています。見てみましょう。

 

<収録曲>

M-1 CHATMONCHY MECHA

M-2 たったさっきから3000年までの話

M-3 the key

M-4 クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん

M-5 裸足の街のスター

M-6 砂鉄

M-7 びろうど

 

あれ…?I Laugh You”はどこ…?“Magical Fiction”はどこ…majority blues”や“消えない星”も入っていない…。まさかの未収録?

 

まあそんな悲観せずとも配信リリースだったり、映画のサントラに収録 (ただし出るとは言っていないぞ、注意) されたりして、何らかの形で聴けるでしょう。“Magical Fiction”は“ほとんどチョコレート”を聴くためにもシングルを買いましょう。『majority blues / 消えない星』は“とまらん”も含めて名曲揃いなのでシングルを買 (以下略)。

 

それはいいとして、全7曲とフルレングス・アルバムとしてはコンパクトな内容。このうちから、M-2“たったさっきから3000年までの話”が7inch Analogとして6/6 (水) に先行カットされます。そっちの内容は以下の通りです。

 

<収録曲>

side A たったさっきから3000年までの話

side B 恋の煙 (同期ver.) with 小出祐介 (Base Ball Bear)

 

“恋の煙”が入っている!イエスしかも同期バージョン!まさか『耳鳴り』のレビューで書いたことが通じたのか*2…?とはいえ、どこにも『チャットモンチーと機械仕掛けの秘密基地ツアー2017』で披露したアレンジとは書いていないので普通に新録版でしょう。でもすごい!ここに来て“恋の煙”をリリースできるという自信が見えるのは、“恋の煙”が好きな身としては嬉しい限りです。レコードプレイヤー持ってないけど!買わなきゃいけないね。

 

 ↓昨年11月の記事、“恋の煙”について書いていた (注 : 無駄に長いエントリです)

ddfl.hatenablog.com

 

それにしても、ワタシ的には漢字二文字のアルバムということを発表してくれただけで相当嬉しいものがあるのです。様式美です。アルバム命名ルールがあるバンドのアルバムはいいと相場は決まっているのです*3。Matias Kupiainen加入後のStratovariusとかね!

 

極端に書いた部分はさておき、ラストアルバムだからといって総まとめ的なアルバムにするのではなく、あくまで表現に真摯に向き合ったアルバムが聴けるのではないかと期待させられますね!つまり、最新型・現在進行形としてのチャットモンチー・アルバムが聴けるということでしょう。既発シングルの曲が入っていないことも、その表れだと思います。もちろん実際に聴けるまではどんな内容かは分からないにせよ、とても楽しみですね。

 

そして『誕生』の発売日と同日の6/27 (水) には、6th Album『共鳴』のリマスター版が発売されることも発表されました。これはForever Editionの続編ですね。ライブ録音が収録されることが特徴ですが、そちらの内容は後日発表とのこと。ライブ版が聴けるのはやはり嬉しいです。

 

リリースに関する情報も膨大でしたが、こなそんフェス2018のほうにも大きな発表がありました。こちらもリンクを貼っておきます。

 

INFORMATION | チャットモンチーのこなそんフェス2018

 

今回発表されたのは、冒頭にも書いた通りですが全出演者および出演日です。赤字になっているのが今回発表された方々です。

 

7月21日(土)
EGO-WRAPPIN'

奥田民生

シュノーケル

チャットモンチー

Base Ball Bear

yonige 
南海キャンディーズ

ミキ

野性爆弾とガリットチュウ福島
MC 小籔千豊

7月22日(日)
THE イナズマ戦隊

四星球

スピッツ

チャットモンチー

Hump Back

森山直太朗
尼神インター

テツandトモ

ヤンシー&マリコンヌ吉本新喜劇松浦真也&森田まりこ
MC 宇都宮まき

  

初日にシュノーケル!これは若若男女サマーツアーを彷彿させますね。もし何かあるのならば、’08年以来、何と10年ぶりの共演も見れるかもしれません。とはいえワタシは ‘06〜’08年のいずれも見ていませんが!!個人的には22日に出演するHump Backも、『CHATMONCHY Tribute〜』の好演があるので期待値大です。

 

あと、申し訳ないですが芸人の方々はワタシ非常に疎いので特にコメントできません。『こなそんフェス2018~“公式版☆勝手に二次会”』なるアフターパーティーも開催されるそうですが、説明や注意事項が細かいので、気になる人は公式HPで自己確認することをオススメします (特に興味はないので雑な説明)。

 

そんなこなそんフェス2018のチケット一般発売は4/21 (土) の10:00〜。チケットをまだ入手していない方は公式HPを見るなり、各種プレイガイドをチェックするなどして備えておくといいでしょう。武道館ラストワンマンが即売り切れとなった現状を見ると、楽観視はしないほうがいいかもしれません。

 

その武道館公演も、公式Twitterによるとチケットが取れなかった人への対応も検討中とのことですので取れなかった人は公式のアナウンスをマメにチェックしたいところです。かくいうワタシもその取れなかった一人なのですが…泣

 

 

ふう。情報が一杯ありましたね。完全にアクセス数稼ぎみたいになってるニュースの感想ですが*4、誰かの役に立っているならこれ幸いです。読んでくれてどうもありがとう。(スマホで読んでいる人には意味のない断りですが) 実はもう少しだけ続きがあります。以下、しょうもない内容を折りたたみ。

 

 

さて、このブログがどんなものか知っている人にはもう了解されていると思いますが、ワタシは誰が作詞したかをひじょーに重視する性質です。なので、今回のようにトラックリストが公開されると誰の作詞か予想するのが好きなのです。無粋とはいえよかったらお付き合いくださいね。

 

前置きはさておき、収録曲と予想はこんな感じです。

 

<収録曲 → 予想>

M-1 CHATMONCHY MECHA → あっこちゃん (?)

M-2 たったさっきから3000年までの話 → あっこちゃん

M-3 the key → えっちゃん

M-4 クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん → あっこちゃん+共作

M-5 裸足の街のスター → あっこちゃん

M-6 砂鉄 → えっちゃん

M-7 びろうど → あっこちゃん

  

正直、判断基準はタイトルがぶっきらぼうなのか否かなのだけど!!言い方を変えましょう。単語ひとつのように、それのみだと言わんばかりにバシッと言い切るタイトルのものはえっちゃん (橋本絵莉子) の作詞だと思います。今回だとM-3“the key”とM-6“砂鉄”がそうっぽい。

 

それ以外の作詞はあっこちゃん (福岡晃子) ではないかとなるのですが、まだそれだと根拠としては弱い気が。例えばM-2“たったさっきから3000年までの話”は“きみがその気なら”よろしくロマン溢れるタイトルなのできっとあっこちゃんの作詞だと思いますが、M-5“裸足の街のスター”はクミコン (高橋久美子) 在籍時ならきっと彼女の作詞だと予想したことでしょう。といった感じでいまいち消去法感が拭えないのですが、そうは外れないはず (希望的観測)。

 

そして判断に困るシリーズ。M-1CHATMONCHY MECHA”はそもそも歌詞があるのか…?インスト、もしくはそれに類する序曲なのではと思ったり。M-4“クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん”はせっかくの共作なので、歌詞にもタッチがあると思います。

 

そして最大はM-7“びろうど”。えっちゃんの作詞曲で、平仮名に変換して命名されている曲はあまりないと思うので、“きらきらひかれ”を作詞しているあっこちゃんかなあと思うのですが、どうかは分からない。そしてもし分かったところで曲を聴くのが一番なのだけれど!!以上です。お粗末様でした。

*1:『YOU MORE』のみ例外

*2:気のせいです

*3:ただし、『アーティスト名+ナンバリング』といったアルバムはその限りではない

*4:ちなみに全然稼げていない