階段のぼりかけ

ただのチャットモンチーファンブログです

チャットモンチーが映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の主題歌を担当

 チャットモンチーが映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の主題歌を担当することが発表されましたね。

  

↓チャットのインフォ
 
↓映画の公式tumblr (コメントが読めるよ)

映画主題歌をチャットモンチーが担当!!

 

  記事内にもありますが、チャットが映画の主題歌を担当するのはこれで4作目。これまでのタイアップを羅列してみます。

 

  • “世界が終わる夜に” → 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (2007年)
  • “ヒラヒラヒラク秘密ノ扉” → 『ガチ☆ボーイ』(2008年)
  • “消えない星” → 『アズミ・ハルコは行方不明』(2016年)

 

 これまでのチャット映画タイアップ曲の作詞は、あっこちゃん (福岡晃子) 作詞曲が2曲、クミコン (高橋久美子) 作詞曲が1曲です。えっちゃん (橋本絵莉子) 作詞曲は0。となると今作はえっちゃん、あっこちゃんのどちらが作詞したのか気になりますね。なるよね?

 

 曲のタイトルや詳細はまた後日とのことなので、きっと作詞クレジットもその時発表されるとは思いますが、ワタシの予想ではあっこちゃん作詞だと思います。というのも、映画のtumblrで公開されたコメントの中で歌詞に触れているものがあり、(その表記を信用するならば) 歌詞中の「君」が漢字になっているからです。「君」を漢字表記するのはあっこちゃんのほうが多い気がする*1*2というのが根拠ですが、果たしてどうでしょう。

 

 でも書いてて思ったけど、一番出てくる二人称は「あなた」だよね。まあ、要するに書き方があっこちゃんぽいなって思ったのさ!!!これで間違ってたら恥ずかしいね*3!!!

 

 あとリリース方式ですが、時期的に見てラストアルバムの収録曲でしょうね。でもワタシ的にはシングルも切ってほしいなぁ...だってあと1枚で、シングルが20枚になる*4のですから...。最悪フィジカル盤なし•配信だけでもいいから、キリのいい数字にしてほしいという願望です。叶うといいな。

 

 以上、あまりにも更新してなさすぎてマズいと思い、ついやってしまったニュースの感想でした (映画の内容に触れてないとかいうオチ)。

 

 

*1:“きみがその気なら”のように、例外も当然存在する

*2:コンビニエンスハネムーン”のように、えっちゃんが「君」を使わないわけではない

*3:このブログはえっちゃんの大ファンが書いています

*4:公式ディスコグラフィーを見る限り、“ねこねこ55のオープニングテーマ”はシングル扱いではないようだ