階段のぼりかけ

ただのチャットモンチーファンブログです

”たったさっきから3000年までの話”のMVにおけるオマージュの話

ついに今日がチャットモンチー20枚目のシングル、『たったさっきから3000年までの話』のリリース日ですね!!!みなさんはもう聴かれましたか???

 

ラジオではすでに5月時点でオンエアされていましたし、Mステにも同曲で出演していたので耳にした方も多いでしょう。それに、ミュージックビデオ (以下、MV) の公開もありました。

  

↓”たったさっきから3000年までの話”のMV

www.youtube.com

 

そんな”たったさっきから3000年までの話”ですが、MVに過去のMVのオマージュが盛り込まれているということはご存知でしょうか。

 

...ご存知でしょうかって偉そうに言われても、何回も公式がそう発言しているので目新しいことではないでしょう。けれど言及している人があまりいないようなので、これはチャンスだとばかりにワタシが言及します。このブログはそういう隙間産業を生業としています。

 

何でも、結構な数が仕込まれているとのこと。みなさんはいくつ見つけられましたか?ワタシも漏れがあるかもしれないので、気づいた人は教えてくれるなり、「アイツ分かってねーわ」って思ったりしてくださいね。後者の場合は悲しいです。

 

それではいきます。

 

”たったさっきから〜” (0:12〜) / 碁盤のようなマス目

f:id:DDfL:20180606140026p:plain

ヒラヒラヒラク秘密ノ扉”  / 背景

f:id:DDfL:20180606140515p:plain

 

”たったさっきから〜” (0:19〜) / プリクラ

f:id:DDfL:20180606142314p:plain

きみがその気なら” (3:00〜) / プリクラを撮っている

f:id:DDfL:20180606142413p:plain

 

”たったさっきから〜” (0:42〜) / マネキンの被り物

f:id:DDfL:20180606141150p:plain

きらきらひかれ” / 2人の被っているマスク

f:id:DDfL:20180606141249p:plain

 

”たったさっきから〜” (0:48〜) / えっちゃん (橋本絵莉子) の飲んでいるジュース

f:id:DDfL:20180606144824p:plain

テルマエ・ロマン” (3:32〜) / フルーツ牛乳

f:id:DDfL:20180606144835p:plain

 

”たったさっきから〜” (0:49〜) / アイスバー

f:id:DDfL:20180606141946p:plain

ここだけの話” (1:45〜) / あっこちゃん (福岡晃子) が食べている

f:id:DDfL:20180606142037p:plain

 

”たったさっきから〜” (1:24〜) / 画面左下のジオラマ

f:id:DDfL:20180606142908p:plain

ハナノユメ” / 舞台

※ここだけ画像は割愛です、ゴメンね!

 

 

 

以上、6ヶ所見つけましたがまだあるような気がします。

 

疑わしいのだと、黒背景にライトが明滅するところは”シャングリラ”のCメロ部分なのではないかとか、後半のえっちゃんがスタンドマイクで歌うところは”恋愛スピリッツ”の鏡面写しなのではないかとか思ったのですが、明からさまではないので外しました。

 

みなさんが見つけたものはありましたか?本人たちからの答え合わせはきっとないと思いますが、もしMV集とか発売されてそれが叶った時は、自分の観察眼の精度を確かめることにしましょう。『たったさっきから3000年までの話』の各曲感想はまた次回以降のエントリで。それではまた会いましょう。

Mステ6/1放送分 (チャットモンチー) の感想

チャットとしては最後のTVパフォーマンスとなる、ミュージックステーションの放送が6/1にありました。演奏曲は新譜より”たったさっきから3000年までの話”と代表曲”シャングリラ”のメドレー。

 

ところで何故こんなタイトルにしたかというと、録画しておいて飛ばし飛ばし見たからなのですね。なので他の出演者については言及しません、ゴメンね!(aikoは見ましたが)

 

 トリの出番で出演したチャット、過去出演の映像が流れましたがやっぱり初出演は”シャングリラ”だったのですね。『鳴るほど』のドキュメンタリーでTV出演・”シャングリラ”の演奏についての話をしていましたが、それがどういうパフォーマンスにつながったのかが確認できたのは良かったです。

 

しかし、「良かったです」だけでは伝わらないと思うので、『鳴るほど』未見の方のためにもえっちゃん (橋本絵莉子) の話を引用してみます。

 

「(はじめて”シャングリラ”でTVに出た時) 3人の女の子がすごく楽しそうにバンドをやっているところを見せたほうがいいから、笑って歌ってって言われたり

 

いつもは笑わずに歌っていたの、”シャングリラ”って。ほんとうに、その (高橋) 久美子が書いた、一人の男の子の物語として歌っていただけだったから、そんなみんなで「シャングリラ」みたいな感じじゃなかった、最初

 

でも、それ (笑顔で歌うこと) を言われた時は考えましたよ、すごく

 

今までの自分のイメージ*1を大事にすればいいのか、これから来る人たちのことを考えるべきなのか、チャットモンチーの見られかたを考えるべきなのか (以下、後略)」

 

『鳴るほど』Disc.2 全国ツアー”YOU MORE 前線”ドキュメンタリーより。一部 (意味が通るように) 前後の入れ替えをした箇所あり

 

 実はこの後にクミコン (高橋久美子) とあっこちゃん (福岡晃子) の話もあるのですが、本筋と少し逸れてしまうので割愛します。ですがこの『鳴るほど』のドキュメンタリーは、この部分だけではなく全体が本当によく出来ているので、見たことのない人には強くお勧めしておきます。

 

その発言を踏まえた上で見た初出演時の”シャングリラ”の映像では、えっちゃんは笑って歌うことを選択したように見えたのです。あえて大袈裟に書きますが、「ポップな」チャット像を引き受けたのだなあと思いました。先ほど良かったと書いたのは、その決断を知ることができたからなのですね。

 

...これが『告白』後のチャットひと休みの一要因となっていったようですが、この話はまたいつか。

 

とはいえ、その瞬間はもう見れないだろうなと思っていたので嬉しいです。グッジョブミュージックステーション!!!どうもありがとう。

 

↓演技派なMV

www.youtube.com

 

さて話は変わりますが”たったさっきから3000年までの話”、ワタシにはクリティカルにヒットしているので、「らしくない」という評価を見るたびに不思議な気持ちになるのです。

 

ギターが鳴っていないだとか、ベース弾いていないだとか、サビに歌詞がないだとか、歌詞がえっちゃんのペンにしては固有名詞を多用しているだとか、確かに変化は多いです。でもそのどれもが意図を感じるので、ワタシ的には「すごいなあ」という感想になるのですがみなさんはどうでしょう。

 

www.youtube.com

 

 まあそれでもTV向きではないよなあとは思いつつ (オイオイ)、後半の疾走パート*2が聴ければ最高だと思って演奏を待つ。

 

言葉少なめなトークの後、ついにチャットはステージへ。メドレーの最初はえっちゃんがハンドマイクで歌う”たったさっきから3000年までの話”。だいぶザックリとカットされたバージョンでしたが、「ウォウ ウォウ」と「ラララ」がしっかり聴けたので満足。そういえば入場時もこのパートが流れていたっけ。歌い出しがちょっと緊張気味で、こっちも緊張しましたが!!!あっこちゃんが曲芸プレイしてるのにも気づく。

 

そしてメドレーは”シャングリラ”へ。何とドラムがいる!叩いていたのはOKAMOTO'Sのオカモトレイジ氏。 しかしワタシが見たのは録画だったため、事前に彼が出演することを知ってしまっており少し後悔。せっかくのサプライズだったのに。

 

 久々にTVでの”シャングリラ”、歌うえっちゃんも、ベースを弾くあっこちゃんも笑顔でした。もちろんレイジさんも。もう、見ている側がポップなチャット像とか言っちゃうのが恥ずかしくなるくらい。演奏時間は短かったですが、ただただしなやかで強い”シャングリラ”でした。

 

ライブとは当然違って当たり前なTVでの演奏ですが、貴重な映像も見れて満足な放送でしたね。 尖ったスタンスのチャットも大好きですが、楽しそうな姿や笑顔がパワーをくれるのも本当なのです。番組最後の緊張が解けたような笑顔は、見てるこっちも嬉しくなりました。

 

...以上、かなりポジティブに書きましたが、実のところワタシの精神状態はオンエアされ演奏が始まるまで緊張でガタガタでした。実際はオンエアが終わるまでガタガタでした。何でお前が緊張するんだというツッコミは甘んじて受け入れます。あーもう狂信者ってやーね (他人事)。

 

最後の最後で台無しにしてこのエントリは終わりです*3。読んでくれてどうもありがとう。

 

 

 

*1:それまでのライブでも笑っていなかったこと、見られかたを気にしていなかったこと

*2:この曲最大のキモにして、「らしさ」を感じる部分

*3:これがこのブログのやり方だ

J-WAVE「SPARK」5/30放送分の感想

ついに最終回ですね。1ヶ月なんてやはりあっという間に過ぎてしまうものです。

 

まず、冒頭でいきなり”クッキング・ララ feat.DJみそしるとMCごはん”!!!プレミアムモルツのキャンペーンに使われていたのでラジオではかからないかなと思っていたところに、この不意打ち。そしていい曲だあ... (アホみたいな感想)。とりあえず、”ウォッシング皿*1”は強力すぎるパンチラインですね。

 

 大人気コーナーえっちゃん便を早々に挟み、今週の放送の一番の目玉である漫才のコーナーへ。大量に投稿してくれた人も複数人いたそうです。すごい。そんな投稿状況の中から、R.Nたくたろうさんの漫才が採用されました。タイトルは『びっくりさせたい』。

 

ただね...漫才の感想を文章で書いても興ざめなんですよね...。折角の面白さが半減以下です。それでも無理矢理書くとすれば、チャットのふたりは意外と (?) ナチュラルに掛け合いしてました。普通に上手いと思ったのだけど、聞いた方はどう思ったでしょうか。

 

さて話を変えまして、今回は”恋の煙 (同期Ver.)”もオンエアされましたね。Base Ball Bear小出祐介氏との共作であることは事前にアナウンスされていましたが、ここまでがっつり参加しているとは思いませんでした。今週に『たったさっきから3000年までの話』がリリースされることですし、しっかりした感想はそっちに書こうと思います*2

 

そして今週の「チャットのことを知っとQ」は、何と奥田民生氏でした。ビッグネーム!氏の愛車についての問題でしたが、ここで明かされる衝撃の真実。チャットがカバーした”CHA CHA CHA”のイントロの車のエンジン音は、その愛車カマロのものなのだそうです*3。ついでに書いておくと、”Baby Get On My CADILLAC”は奥田民生さんの語りなんだって!それは初耳です。

 

さて、これで全5回のチャットによるSPARKは終了です。前回の最後がそうであったように、今回も永久もや弁が出題されました。最後に難しいのを出題するあたり、なかなかにイジワルですね!みなさんは分かったでしょうか?(答えは用意できませんが) ぜひ正解して、名誉阿波人になってくださいね。以上、ラジオの感想でした。

 

↓永久もや弁

A : 「なにきっきょんえ」

E : 「J-WAVEきっきょんよ」

A : 「明日からもがんばっていこだ」

E : 「もうしわしわいきなよ」

 

 

今週のOA曲

 

クッキング・ララ feat.DJみそしるとMCごはん

たったさっきから3000年までの話 / チャットモンチー

TATSU G / 吉本新喜劇ィズ

恋の煙 (同期Ver.) / チャットモンチー with 小出祐介 (Base Ball Bear)

OH! MY RADIO / ユニコーン

裸足の街のスター / チャットモンチー

 

その他、BGMとして

majority blues / チャットモンチー

CHA CHA CHA / チャットモンチー

8cmのピンヒール / チャットモンチー

 

 

 

↓先週の感想はこちらから

ddfl.hatenablog.com

 

*1:聴き取りなので正確な表記は不明

*2:ネタを取っておきたいのは秘密だよ!!!

*3:衝撃の真実とか書きましたが、よく見ると公式のディスコグラフィに書いてあった

”たったさっきから3000年までの話”のMVが公開

6/27発売のラストアルバム『誕生』より、超エクストリームかつハイパーなリード曲”たったさっきから3000年までの話”のMVが公開されました。7インチアナログの発売は今週、6/6ですね。

 

www.youtube.com

 

監督は”染まるよ”などのMVを手がけた清水康彦氏。スタンドマイクで歌うえっちゃん (橋本絵莉子) の姿が新鮮です。チャットの過去MVのモチーフがいくつか出てきますが、”ハナノユメ”の小道具 (1:25〜) なんてよく持ってこれましたね...誰か物持ちのいい人がいたのでしょう。あとは”きらきらひかれ”のマスク (0:42〜) とかね。

 

これに合わせ、同曲の先行配信が始まっています。また、iTunesでは『誕生』の予約注文もスタート。何でもiTunesの『誕生』はBonus Track Editionとなっており、アナログ『たったさっきから3000年までの話』B面収録の”恋の煙 (同期ver)”が収録されているようです*1。しかもリリース予定日は6/18とかなーり早い。フィジカル盤のリリースは6/27なので、1週間以上早く聴けちゃいますね。音源を実物で持つ必要をあまり感じない人には嬉しいニュースでしょう。

 

ワタシ?ワタシはCDが欲しいので6/27を大人しく待ちます(血涙)。まあ、SPARKでだいぶ聴かせてもらったしね...我慢します。それに、サブスクでの配信が早いかもしれないし!!!

 

戯言はさておき、”たったさっきから3000年までの話”がいいなと思った人には間違いないアルバムになってますので、Mステ等でビビッときた人はぜひ『誕生』にも手を伸ばしてみてくださいね。それではまた。

 

↓オフィシャル・インタビュー

CHATMONCHY ラストアルバム『誕生』オフィシャル・インタビュー | チャットモンチー

 

 

 

*1:先行シングルのc/wがボーナスって、外タレの日本盤みたいでいいね!

萩原克彦氏 (舞台監督) のインタビュー

CINRAに面白いインタビューが掲載されていたのでご紹介。

 

www.cinra.net

 

 『鳴るほど』のドキュメンタリー等で、氏を見た覚えのある方もいるかもしれません。チャットモンチー含め、多くのアーティストのライブを手がける舞台監督、萩原克彦氏のインタビュー記事です。

 

チャットに関するインタビュー、というよりは舞台監督という仕事、もしくはエンタメ業界に関するインタビューといった趣なのですが、決して軽くないウエイトでチャットに関しても話されています。

 

裏方側から見たチャットの話というのもなかなか貴重だと思います。なので興味がある方はぜひご一読を。

筑摩書房より、高橋久美子著『いっぴき』が刊行

実は5月の初旬 (だったと思う) くらいに刊行の情報自体は出ていたのですが、筑摩書房さんのHP見てもいまいちよく分からなかったので保留していました。していましたが、チャットの公式で拾われていたのでこっちでも拾います。

 

クミコン (高橋久美子) の新しい書籍が6/9(土)に刊行されるそうです。タイトルは『いっぴき』。内容については公式のものが分かりやすいので以下引用。

 

■内容紹介
『いっぴき』
文筆家として走り出した6年間の文章をまとめた一冊。人気バンドの脱退を決意し、新たな一歩を踏み出した著者が描く、あたたかくてユーモアと優しさがたっぷり詰まった風景は、時に自由奔放で、時に哲学的真理をつくような魅力を持ちながら、〈人〉とのつながりや毎日の〈生活〉の愛おしさに気付かせてくれる。彼女にしか紡ぐことのできない言葉たちがここにある。
・刊行日:2018年6月9日 ・ページ数:352ページ 
・定価:本体予価 740円+税 ・ISBN:978-4-480-43524-8
・造本:文庫版
・カバーデザイン:宇都宮三鈴 ・カバー装画:ミロコマチコ

【目次】
第一章 思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、
『思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、』(毎日新聞社)を再収録。
第二章 街の歌
2012年から2018年まで新聞、雑誌などに寄稿した未書籍化原稿を14篇集めた章
第三章 いっぴき
今回の刊行に際して書き下した最新のエッセイ集5本を収録。
ボーナストラック
書き下ろし短編小説をボーナストラックとして追加収録。

 

ちなみにこのブログ、画像を貼り付けるのがあまり好きではないのでジャケとか載せる時はamazonの商品紹介を利用しているのですが、まだこのエントリを書いている時点 (5/27) では『いっぴき』のカバー画は掲載されてないですね。という訳でクミコンのtwitterから頂いて来ましょう。

 

 

 ムササビ!!! (モモンガではない)

 

そして、帯推薦文をあっこちゃん (福岡晃子) が、解説文をえっちゃん (橋本絵莉子)  が寄稿していることも併せて発表されました。『誕生』収録の”砂鉄”に続いてのコラボレーションですね。ちくま文庫twitterで帯の一部が見れます。該当ツイートの説明によると、エッセイの中にはチャットデビューの頃のエピソードも含まれているとのこと。

 

↓これです

 

そしてこのエントリを書いている途中で見つけたのだけれど、徳島新聞webにクミコンのインタビューが掲載されていました。本人の言葉による解説なので、ぜひ一度目を通してみてはどうでしょう。6月はリリースが多くて嬉しい悲鳴ですね。それでは。

 

徳島新聞webによるインタビューです

高橋久美子さんが新著「いっぴき」を6月9日に刊行 チャットモンチーとコラボも 四国をたっぷりつづったエッセー集|文化・芸能|PICKUPニュース|徳島新聞

 

 

 

6/1 (金) 放送のMステにチャットモンチーが出演

中々に久しぶりの登場です。公式のアナウンスによると、これがテレビでは最後のパフォーマンスになるとのこと。そういう風に書かれると何か寂しいものがありますね。

 

チャットのオフィシャルのほうには出ていませんが、Mステのページによると演奏曲は”たったさっきから3000年までの話”と”シャングリラ”の2曲だそうです。わーお豪華。

 

放送は2018/6/1 (金) の20:00〜。共演者はaiko / AKB48 / 三代目 J Soul Brothers / V6 / WANIMA (五十音順、すべて敬称略)。ぜひぜひお見逃しなきよう。

 

ミュージックステーション|テレビ朝日

 

そしてこの放送に向けて、チャットの公式twitterでは歴代アルバムのペリスコープ配信を行っているそうです。ワタシはペリスコープ配信なんて初めて知りましたが、twitterのアカウントを持っている方は参加してみてはどうでしょう。明日5/27 (日) は『生命力』の配信をするみたいですよ!それでは。

 

配信スケジュール

 

5/25(金) 21:30〜 『chatmonchy has come』(1st mini Album / 2005)

5/26(土) 21:00〜 『耳鳴り』(1st Album / 2006)

5/27(日) 21:00〜 『生命力』(2nd Album / 2007)

5/28(月) 21:00〜 『告白』(3rd Album / 2009)

5/29(火) 21:00〜 『Awa Come』(2nd mini Album / 2010)

5/30(水) 21:00〜 『YOU MORE』(4th Album / 2011)

5/31(木) 21:00〜 『変身』(5th Album / 2012)

6/1  (金) 19:00〜 『共鳴』(6th Album / 2015)

 

↓公式twitterアカウント

チャットモンチー スタッフ (@chat_staff) | Twitter